Welcome to

Long Training

夫が貯金する方法は妻の壁を乗り越えることにあり!

  • Post By:
  • Date:

妻は夫の収入を自分のものだと勘違いしている

家庭をもつ夫にとって貯金することは大変ではないのでしょうか。なぜなら、お金の管理は妻の仕事であるというのが常識だからです。およその家庭では夫に小遣いを月単位で定額を渡しているのが大多数だと思います。夫は社内での飲み会などの費用を小遣いで賄うので財布の中身は寒いです。なかには「学生時代のほうが貯金できた」と嘆く人さえいます。そもそも、根本的問題は夫の働いた収入を妻が「正直言って、私のものよ」と自分のお金という感覚を持っています。したがって、夫がお金を貯めるためにはひと工夫が必要です。

妻を説得する方法は貯金する理由と家庭費の安定でキモ

夫にとって貯金は死活問題ですね。何といってもお金を管理する妻に対してどう対処するのかを避けることができません。なぜなら、妻は家庭に必要な経費、子どもがいれば教育費の確保など、お金に関しては厳しくならざるを得ないからです。そこで正攻法なのは、夫は貯金する正当性をきちんと説明することであります。正しい理念を伝えれば、最終的に妻は折れます。たとえば、社会貢献のために起業したいといえば、理念に共感してくれます。しかし、妻の共感だけでは詰めが甘いです。家庭の財布を預かる以上、妻がお金を使える量が減って、必要経費と子どもの教育費に悪影響が出るのを恐れるのは当然です。最終的には理念と収入に悪影響がないことを妻に説明する義務を果たして、夫ははじめて貯金ができます。

裏技!夫が使えるヘソクリを貯める術

お金に寛大、普通の妻ならまだマシです。なかには厳しい妻がいます。とくに金銭感覚がルーズなのは困り者です。夫が稼いだお金を小遣いへの支出を抑えながらも通販で無駄遣いするケースが多々見受けられます。そんな妻に交渉をしても時間の無駄であります。そこでお勧めなのは妻に内緒で隠し口座を作ることです。具体的には、事前に会社に相談して給料とは別口の口座に振り込んでもらうことです。方法は2つあります。まず、出張の交通費を精算するときに、別口の口座に振り込んでもらうことです。次は、年末調整の還付金を給料に含めて振り込むのではなく、還付金だけ分けてもらうことです。これらの効果的な理由は妻に分かりづらいこと、税法と社会保険の計算に問題がない点です。ちょっとした裏技ですが、試す価値はあると思います。

出費が毎月かさんでため息、お金を増やす方法はないかなと考えていませんか?増やそうと考えるより出費を減らす方が簡単にお金は増えるものです。