Welcome to

Long Training

ここは押さえておこう!信用取引で利益を出したい人が心得ておくこと

  • Post By:
  • Date:

信用取引はあくまでも現物取引を補うもの

信用取引には、資金の3倍近くまでの取引が行える、売りからもスタートできるといった手法上のメリットがあります。そのため現物取引よりもハイリスク・ハイリターンなのです。株取引では利益を生むために損失のコントロールがとても重要になるため、よりリスクの高い信用取引をメインで株取引を行うことは適当ではないと言えます。信用取引はあくまで現物取引を行う際にカバーしにくい部分を補うものとして活用することが、成功へ至るための近道と言えます。

常に取引可能額を把握しておく

これは当然のことですが、常に信用取引でいくらかでの取引が可能なのかはしっかりと把握しておきましょう。そして、その金額と同程度の取引を行わないように心がけておかなければなりません。やはり株式相場の初心者は「ここまで取引できるから」といった感覚で、取引可能額満額での取引を想定してしまいます。しかし、そのような取引を行うと、遠からず株式相場からの撤退を余儀なくされてしまうのは目に見えています。株式相場における信用取引では、常に委託証拠金に余裕を持って運用する人しか利益を出すことができないようになっているのです。

信用取引では長く株を保有しない

信用取引で保有する株を、現物取引の株と同じと考えてはいけません。これは証券会社から借りた、いわば「借金」なのです。保有する期間が長ければ長いほど、その「借金」には金利が重くのしかかってきます。最初はわずか数%でも、長期間借りれば多少の利益などは簡単に吹き飛んでしまうくらいの規模に膨れ上がってしまいます。そのため、信用取引では常に足の速い取引を心がけて、そこにかかるランニングコストを少しでも軽減させるような工夫を行わなければ、信用取引で利益を伸ばすことはできないのです。

信用取引で借りた株を売れば、下落時に利益となります。これを利用し、現物取引の株の損失をヘッジすることが可能です。