Welcome to

Long Training

効率的な運用を目指そう!FX取引会社選びのポイントについて

  • Post By:
  • Date:

取引スプレッドが狭い会社

FX取引において、買い取引と売り取引の値段の差のことをスプレッドと呼び、この差が少なければ少ないほど、有利にトレードができると言えます。スプレッドは間接的な手数料と捉えることができますので、数あるFX取引会社の中からできるだけスプレッドが狭く設定されている会社を選ぶようにしましょう。1日に何度も取引するようなデイトレーダーは、特にスプレッドを気にして取引会社を決める必要がありますので、会社の比較は十分に検討しておきましょう。

スワップポイントが多い会社

FX取引の醍醐味の一つには、売買の手法によってはスワップポイントという金利がもらえるという点があります。日本円のような低い金利の通貨でオーストラリアドルやトルコリラなどの高金利通貨を買うというポジションでは、毎日金利が発生します。より多くの金利をもらうためには、スワップポイントの設定が高い取引会社を優先して選ぶことが重要になりますので、FX取引会社の比較を十分に行って最も高いスワップポイントを設定している会社を選びましょう。

マージンコールの保持率はなるべく高く

FX取引においては、自分が意図した方向と逆の方向に相場が進んでしまうと、損失が発生し、預け入れている証拠金の一部が損失になってしまうことがあります。FX取引会社では証拠金以上に損失が拡大しないように、預け入れている証拠金の金額と、損失の金額の割合で計算される保持率によって、証拠金の追加を要請するマージンコールという仕組みがあります。各FX取引会社によってマージンコールとなる保持率に違いがありますので、より安全に取引するには、なるべく高い保持率に設定している会社を選びましょう。

為替に関する取引を行う際には、変動の状況をしっかりと見極めながら行う必要があり、世界情勢にも関心を持つことがポイントです。